●かつお節

概要

かつお節とは、かつおを煮た後、煙でいぶし、その温度で、あぶり焼き、日光などで乾かしたり、 さらに、アオカビを付けて、味をととのえた乾物。 鰹節の歴史

種類

若節:かつおを切り、煮込んだ後、2から3回、けむりで あぶり、乾かしたもの。これに近いものを、生節(なまりぶし)ともいいます。

荒節:かつおを切り、煮込んだ後、けむりであぶり、乾かす方法と、 内部の水分をしみだす為の方法を8回ほど、繰り返したもの。半製品で、雑節ともいいます。

裸節:上の、荒節の表面を削ったもの。これも半製品で、雑節ともいいますが、 普通の、かつおぶしとして、食べることが多いようです。

上枯節:裸節を、さらに青カビをつけて、日干しし、 悪いカビを防いだもの。仕上げ節の一つ。

本枯節:上枯節を、さらに青カビづけし、5回ほど、繰り返した もの。最も上等な、かつお節。(長期保存に適している)


主な産地

伊豆、焼津、高知県、枕崎(鹿児島)。   

おすすめリンク

楽天市場

鰹節、削り器
自分で作る削りたてのかつお節

鰹節、生節
なまりぶし

鰹節、本枯節
かれぶし

鰹節カテゴリトップ


楽天で探す
楽天市場


各地の名産品
01←[01]→02